先進医療の三菱三原病院

診療科・部門紹介

看護科

総看護師長あいさつ

三菱三原病院は、三菱重工株式会社によって運営されており、昭和37年開院以来、地域に根差した病院として24時間体制の診療、地域住民のニーズに対応した医療サービスの提供を品質方針として活動しています。
地域住民や社員、ご家族の皆様に「この病院に来てよかった」と思って頂ける看護が提供できるよう、患者さまに寄り添い、自分の感性や技術の向上に努めています。
また、退院前には理学療法士に同行して患者さまのご自宅へ伺い、住宅環境の評価を行い、安心して住みなれた我が家に戻れるよう取り組んでいます。
今後も看護科一丸となり、地域の皆様に貢献していきたいと思っています。

看護科理念

(1)三菱病院の看護師として誇りを持って、三菱重工社員の健康管理はもとより、地域住民のニーズに応えた看護を実施し、地域社会に貢献する。
(2)患者の人間性を尊重し、個々のニーズに応じた看護を行う為、専門職としての知識と技術を深める。
(3)優れた人間性と豊な感性を磨いて、自分自身の看護を常に振り返り、自己研鑽に努める。

看護科方針

(1)個々の患者に適した看護サービスを提供する
(2)患者の安全・安楽を守り、自立を支援する
(3)チームの中での看護の役割を自覚し、他部門との調和を図り、協力して使命を果たす
(4)地域とのかかわりを大切にし、在宅医療に努めるる
(5)看護職員が生きがいをもって看護に従事する
(6)一人ひとりの看護職員が自己啓発に努める

看護体制

一般病棟10:1看護(2病棟)
チームナーシング、受け持ち制(一部機能別)
勤務体制3交替制

教育体制

新人看護職員研修ガイドラインに沿った研修に取り組み、入社後しばらくはプリセプターと同じ勤務でマンツーマンで指導をします。プリセプターが不在の時は、他のメンバーが指導を担当し、新人が戸惑わないように工夫しています。

各部署に教育担当責任者、実施指導者を設置し、新人看護師をスタッフ全員で支援します。

入社後1ヶ月、3ヵ月、6ヶ月、12ヶ月に評価表に沿って、看護看護技術の習得状況を把握します。
中途採用看護師の場合も、看護師一人に対して決められた指導担当看護師が看護技術の習得状況を把握し、経験のない看護技術が習得できるよう、部署内のサポート体制を整えています
私たちは、スタッフの成長が何よりの喜びです。

看護師

看護学校の先輩看護師が温かく受け入れてくれるため、のびのびと教育を受けることができます。

患者の状況に応じた適切な看護サービスを提供するために、基本的な知識・技術・態度を統合し実践する能力を支援していきます。

新入社員教育の風景

福利厚生

三菱三原病院の看護師は、三菱重工社員としての福利厚生を受けることができます。
「次世代育成及び仕事と家庭の両立を支援するための取組み」が充実しています。
育児休業は最長で満3歳まで、短時間勤務は中学校就学前まで取得が可能です。
介護関連の休暇・短時間勤務や、キャリアリターン制度(再入社)制度も導入しています。
それぞれの立場でのワークライフバランスを充実させ、働き続ける看護師を支える体制づくりには、病院の社員全体の理解と支援を受けながら取り組んでいます。

社員寮

病院から徒歩20分にあり、ワンルームマンションタイプで、ベッド・エアコン・デスク・ユニット家具・ミニキッチン・冷蔵庫・トイレ・浴室を完備しています。
オートロックで、セキュリティーシステムも完備され、暮らしやすさに配慮しています。
(寮費は10,000円〜13,000円となります)

採用について

|診療科・部門紹介へ戻る|

|ホームへ戻る|

このページの上に戻る