先進医療の三菱三原病院

診療科・部門紹介

臨床検査科

診療内容

臨床検査科では、病気の原因を調べ、治療の効果をみるために検査を行います。
検査には大きく分けて2種類あり、血液や尿などを採取してその成分を調べる検体検査と、身体の働きを調べるための生理機能検査があります。

検査種類

検査データの必要な方には30分以内に報告するようにしています。

一般検査 便 便に出血があるかどうか検査します。
便に寄生虫の卵があるかどうか検査します。
尿 糖や蛋白、出血、細胞などを検査します。
血液検査 血液 血液の中の成分(赤血球、白血球、血小板)の数量や種類を検査して、貧血や白血病などを調べます。
その他にも血液型や血液の固まり具合の検査をします。
輸血検査 血液 輸血しても良いか否かを検査します。
生化学検査 血糖 糖尿病
脂肪類 高脂血症
血液 血清、血漿(血液を遠心した上澄み)で検査します。
血清に溶け込んでいる各物質を調べます。
酵素類 肝臓や膵臓その他たくさんの臓器の働きがわかります。
ホルモン類 全身から分泌されるホルモンを調べます。
その他多くの検査を行います。
免疫血清検査 血液 体の中にあるいろんな抗原や抗体の量を調べます。
(肝炎ウィルスやインフルエンザ、麻疹、風疹など)
腫瘍マーカーや体の中に含まれる薬物の量、リウマチなどもわかります。
細菌検査 多種 細菌の種類を判別し、その細菌にどんな薬剤が有効か検査します。
病理検査 組織 手術で摘出された組織や胃カメラなどで摘出された組織が良性・悪性の区別をします。
生理機能検査 心電図・腹部エコー・動脈硬化検査・肺活量などを調べます。

これ以外にも
睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査
社外の各企業・団体などへ健診に出かけています。

どんなことでもかまいませんので、お気軽に声をかけてください。

広島県医師会より表彰状をいただきました

2016年11月に行われた『 第44回広島県臨床検査制度管理調査 』に於いて広島県医師会様より表彰状をいただきました。
これは県内の病院、クリニックに対する臨床検査精度調査で、当院は2年連続の受賞となります。
これからも質の高い検査データを皆様に提供できるよう職員一同がんばっていきます。

私たちは、「優しさ、親しみやすさ、奉仕の精神」で患者様に安心を与え、信頼される医療サービスを提供することを心がけて業務しております。
お気づきの点がありましたら、臨床検査科までお知らせください。

|診療科・部門紹介へ戻る|

|ホームへ戻る|

このページの上に戻る